心身症という病気にかかったら、安静にしよう

心の迷路から抜け出すために

PICKUP

イメージが変わる

心身症は、うつ病の様に精神的に落ち込むということではなく、体の表面に病気として現れることが多い病気です。中には、精神的な面でこの病気にかかることがあります。そのため、体調をくずすことがあれば心療内科に行きましょう。

詳細を確認する

症状と向きあおう

心と体は一つです。そのため、心がストレスを受けると、体にまで影響をおよぼすことがあります。過呼吸やパニック障害など、たくさんの症状があります。しかし、これらの症状に向き合うことが大切です。

詳細を確認する

CONTENTS

気分転換

自分の体調がひどくならないためにも、気分転換は必要です。なぜなら、気分転換をするだけで気分が変わったりする.からです。そのため心身症の人は心療内科に通いながら気分転換をするようにしましょう。

詳細を確認する

現代社会

現代社会には、たくさんの病気がありますが、その中で特に問題になっているのがうつ病です。うつ病は改善するまで長い期間が必要になるので、治療が困難な病気です。そのため、心療内科や精神科は必要です。

詳細を確認する

心身症とうつ病

現代では、ストレスが原因で、うつ病や心身症などにかかる方がたくさんいます。中には、心療内科に通っている方もいます。そのため、うつ病や心身症などの病気についてをたくさんの人に理解してもらいましょう。

詳細を確認する

うつ病は精神科の分野

心療内科とはどのようなところか

日本において心療内科は1996年に初めて設置された、比較的新しい医療科目です。心療内科では主に心身症の治療にあたります。心身症とは心理的、社会的原因によって身体の器官に異常をきたしている状態のことを言います。身体の器官には腫瘍などがなく一見正常な状態にあるにも関わらず、正しく機能しないことがあります。神経症やうつ病による障害の場合は、精神科の項目となり、正確には心身症としての定義には当てはまりません。複雑化する社会の中で、1つの病気を見ただけでもさまざまな要因が重なり合っていることもあり、それらの症状に対応するために心療内科ができました。心療内科では病気の原因を、その人の内面的な問題や社会的な背景も考慮した上で治療をしていく医学になります。

精神科との違いについて

東京には多くの心療内科や精神科があります。心療内科はその人を取り巻く環境や心の問題から出てきた身体の症状を治療する医療機関なのに対し、精神科は心の治療をする機関になります。心療内科は内科と精神科のちょうど真ん中あたりに位置するものだと想像すると理解しやすいかもしれません。人口の多い東京には精神科も内科も心療内科もたくさんありますが、これらの科を併設しているところも多くあります。原因が不明な場合は1つの科だけでなく、複数の科目をあげている医療機関を受診すると良いかもしれません。東京以外にも病院施設はたくさんありますが、心療内科は不足している状態です。そのため質の高い診察を受けるために東京まで出てくる人も多くいます。

ニーズに応えて広がる心療内科

うつ病だけでなく様々なストレスを抱えている現代では、心療内科の需要が高まっています。特にビジネスの中心部である東京では診察を必要とする患者さんが多く、クリニックも予約が常に埋まっている状態です。 心療内科を探すなら、東京はアクセスの面では全く問題ないと言えます。最寄り駅のそばで幾つかのクリニックを見つける事が出来るはずです。また、仕事の都合に合わせて日曜や深夜の診療も受け付けている事が多いので、事前に確認して予約を入れましょう。どのクリニックも初診は予約が必須ですが、電話も辛いという時にはインターネットでの予約を受けてくれる医院もあります。ブログ等で情報を掲示しているケースもありますから、心療内科サイトを検索してみると良いと思います。

今、心のケアが必要とされる理由

実績と経験のある心療内科が東京には多数あり、多くの患者さんから頼りにされています。診察内容から言って設備に大差はありませんが、やはり患者数の多さから東京のクリニックは経験の豊富な専門医が多いと言えるからではないでしょうか。 心の病には丁寧なカウンセリングが必要です。話を聞いてもらうだけでも症状を和らげる事ができ、初期症状で治す事が出来ることもあるでしょう。 また、最近では心療内科医による解説動画が多数公開されています。悩んでいる患者さんにはヒントになるだけでなく、動画から医師の事を知る事も出来るのでクリニックを選ぶ時の参考にも出来るでしょう。 治療は専門的な知識と時間が必要です。まずは一人で悩まずに専門医を訪れる事が大事だと言えます。

RECOMMENDED LINKS